脱獄+URLスキームの活用とかなんとか

シェアする

iPhoneをより便利に活用する手段として、よく挙げられるのが「URLスキーム」「ランチャアプリ」。また、邪道とも言えますが、俗に言う脱獄である「Jailbreak」。

脱獄したくないが為にURLスキームにこだわる、という人も多いでしょうが、ここは素直に両方使っていきます。

URLスキーム+Launch Center Pro

定番ランチャアプリ、Launch Center Pro。

Launch Center Pro 1.1
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: ¥450 (App Cubby)

今回は僕が使ってみて一番使い勝手がよく感じた、Launch Centerを使いますが、各種ランチャアプリにはほぼ必ずURLスキームの設定があるはずです。

URLスキームを設定する

IMG_2450
IMG_2450 Photo by okkn425

このように各アプリをランチャ中に割り当てていきます…

デフォルトでは設定から登録出来ないアプリもありますが、そのアプリを起動するURLスキームが分かる場合、登録する事が可能です。

アプリ設定画面から、

387485459
387485459 Photo by okkn425

「Custom URL」をタップ。

387485524
387485524 Photo by okkn425

「Name」に適当なアプリ名前、「URL」にURLスキームを入力します。

また、その下に見えている「Customize Icon」から、ランチャ中で表示するアイコンのデザインを変更。アイコン画像をカメラロールから設定できれば一番良いのですが、今のところそれは不可能です。

「Done」をタップして完了。

各アプリのURLスキームを調べるには、

SQore 1.3.1
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: 無料 (KEIGO ITO)

iPhoneアプリのURLスキーム @ ウィキ – ページ一覧

総計290個以上掲載!iPhoneアプリのURLスキーム一覧

最新ランチャーアプリ『Launch Center Pro』検索系URLスキーム一覧。

「SQore」は、アプリ中でURLスキームを調べたいアプリを検索後、「情報」タブにURLスキームが記載されています。

全てのアプリにURLスキームがあるという訳ではありません。

スポンサーリンク

実用例

アプリによっては、単にアプリを起動する以外のURLスキームが公開されている為、ランチャアプリからのさらなる柔軟な運用が可能です。

例えば、「ランチャ中のテキストボックスに入力された内容をTweetbotに渡し、Twitter中を検索」
であれば、

387486812
387486812 Photo by okkn425

URL欄に「tweetbot:///search?query=[prompt]」と書きこむ。

作成されたアイコンをタップすると、入力欄な立ち上がり、

IMG_2456
IMG_2456 Photo by okkn425

検索したいワードを入力して「GO」をタップでtweetbotへ遷移します。

387487070
387487070 Photo by okkn425

問題なく「ニョロニョロ」がtweetbotに渡され、検索が行われました。

まとめ

Launch Center Proは単にアプリランチャーとしても、URLスキームからテキストを渡したりなどと、便利な点は多く感じます。

が、いちいちLaunch Center Proを起動するのは少々面倒。ホーム画面ドックに置いてあるアプリの方が起動速いし。

ということで、ここからが本題。スマートに、どこからでもLaunch Center Proを呼び出せるように脱獄アプリで上手いことやろう。

Activatorならうまくやれるかなぁ…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする