FOSTEX TE-05にイヤホンを買い替え。

シェアする

愛用しているSHUREのSE215。ケーブルがおかしくなったのか、最近謎のノイズが時々乗るように。SE215は簡単にケーブルを変えられるのですが、こもりの無いイヤホンが新しく欲しかったのもあり、ヨドバシカメラに繰り出してきました。

激戦区の価格帯

狙うは高級機ではお馴染みのBA(バランスド・アーマチュア)型イヤホン。一般的に普及ているダイナミック型イヤホンよりも繊細な表現ができるんだとか。
代わりに音域が狭いという弱点を持つため、異なる音域を担当する複数のBAドライバを搭載したイヤホンが増えてます。

予算は1万5千円と設定。この価格帯は高級シリーズの入門機が揃っており、定番や新鋭がたくさん。
BA型の候補はオーディオテクニカ「ATH-IM02」、SHURE「SE315」、SONY「XBA-H40」。
ダイナミック型では、FOSTEX「TE-05」、ゼンハイザー「IE60」。
この5つにとりあえず絞って試聴。


BAドライバを2つ持つ「ATH-IM02」はとても無難な印象。分かりやすく高音質、という感じでした。ドンシャリ系好きなので、次。


愛用しているSE215の一つ上位のモデルである「SE315」。BAドライバは一つ。正直これはあまり自分には合いませんでした。SE215の方がオールラウンドにまとまっている印象。


この3つの中ではもっとも搭載BAドライバの数が多い「XBA-40」。これはなかなか良かったです。女性ボーカルにはよく合ってました。イヤホンの筐体がやや大きいのがネック。


高級イヤホンでは有名なIE80の一つ下位に位置する「IE60」。これは単純に良いと思いました。装着感も良好。ケーブルが着脱できないのだけが残念。


最終的に購入した、「TE-05」。試聴機のキツい高音域に惚れてすぐ決めてしまいました。ケーブルは着脱可能、小さい筐体、と合格点。

たしかBA型イヤホン買いに行ってたやっぱりダイナミック型はいいですね!BA型イヤホンはもう少し上の価格帯だと良いと思える物があったのですが、予算オーバーで除外。

次にイヤホン買う時は少し高級なBA型を買おうと思います。
SE425とかかな? オーディオ沼一直線だ… 辛すぎるけど楽しいから困る。

追記:TE-05のレビュー書きました、よかったらどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク