HWD11をmineoで運用してみる

シェアする

mineoを格安キャンペーンを利用し2回線契約したものの、特に使い道がなかったので、モバイルルーターのSIMとして運用してみました。

 

今回選んだのはauの法人向けファーウェイ製モバイルルーター、「HWD11」。安価で中古が流通しており、なおかつ800MHzLTEにも対応しているので、3Gを掴めないmineoのauSIMでも、エリア的な心配がなさそうです。ただ、mineoの動作確認端末リストに現状掲載されていないので、繋がる保証はありませんが。

Amazonマーケットプレイスで2980円から。MVNOが豊富で需要が多いdocomoの中古モバイルルーターとくらべ、auの物はかなり相場が安いです。

Wi-Fi WALKER LTE HWD11 au
Wi-Fi WALKER LTE HWD11 au

posted with amazlet at 15.10.31
UQ-mobile
売り上げランキング: 6,129

結論から言えば、mine aプランSIMで通信可能です。Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15【au版】 ネットワーク設定手順と同様にプロファイルを設定すれば接続されます。

f46a80e2658fd437182f67b3d4f93842

2980円という破格値にしてはなかなか綺麗。赤ロムということもありませんでした。ただ指紋は非常に目立ちます。

休日の昼過ぎに計測したものですが、速度はそこそこ。最高速度的には特筆するものはないですが、1日を通して5〜8Mbps程度の速度が出ますし、800MHzLTEの広いエリアもあり、現状、安定感のあるMVNOと言えそうです。

69a4d48d72e417f7d5b683d642dc1ff8

問題としては、プロファイルの設定を含め各種設定画面に入る際のパスワードが、本来端末裏に貼られているシールに記載されているのですが、これが中古では剥がされていることが多いようです。実際に購入したものも剥がされていました。この場合、端末裏側の下部に記載されているIMEIの下5桁がパスワードになります。ファーウェイ製モバイルルーターではほとんどこうなっているようですね。

使用状況次第では不安定にも

とりあえずmineoによる通信は可能ですが、時折不安定な挙動がありました。突然接続が切断され、パケットが通らなくなることが何度か。どうやら、「数分LTE通信していない状態になると、接続が不安定になる」模様。
試しにVPN接続や、ストリームによる更新に対応したTwitterクライアントなどで断続的に通信を行わせてみたところ、この症状は改善が見られました。ここは動作確認リストにない端末で起こりうるデメリットということですね。

というわけで、MacBookAirのモバイルルーターとして運用しようと考えていたものの、いまいち勝手が悪いので、現状GooglePlayMusicで利用しています。ストリーミングで音楽を聴く分には前述した不具合も起こりませんし、mineoは10月までのキャンペーンを適用した結果、6GBの高速通信を月額200円で使えているので、容量的な問題もなく、快適に使えています。(この使い方ならUQmobileの無制限プランの方がいい気もするが)

動画や音楽の視聴で月末に速度制限を受けてしまう、と悩んでいる方、MVNOとモバイルルーターの組み合わせはどうでしょうか。今回の組み合わせではやや微妙な結果になりましたが、通信を肩代わりしてくれる回線を持っておくと何かと便利ですよ。

たくさん使う人も あまり使わない人も【格安スマホはmineo】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク