スマートフォン向け新放送サービス、「i-dio」が無料モニター募集中。チューナーが届きました

シェアする

f:id:okakennn:20160207000152j:plain

 

2016年3月から東京、大阪、福岡で放送がスタートする、新放送サービス「i-dio」。

アナログ放送の終了によって空いた帯域を使っての新サービスのため、受信には専用の端末が必要となるのですが、放送開始に先駆け、1月中旬からスマートフォン向け受信機の無料モニターの募集が行われています。

 

www.i-dio.jp

 

本日、モニターキャンペーンで送付された受信機が到着したので簡単に紹介。

 

サイズは小さく、片手に収まるサイズ。この受信機とスマートフォンをWi-Fiによって接続し、本来i-dioに非対応の端末での視聴が可能になります。Android、iOSの双方に対応。

f:id:okakennn:20160207001202j:plain

 

側面にはアンテナが。まだ放送がスタートしていないので確かめようがありませんが、アンテナを伸ばさない状態で十分に受信できなければ、外に持ち歩いて使うのは困難かもしれません。

側面にはミニプラグ端子がありますが、これはイヤホン端子ではなく、受信感度の悪いとき、変換ケーブルを用いて外部アンテナとの接続する際に用いるものです。充電はmicroUSB。

f:id:okakennn:20160207001014j:plain

 

i-dioは3月の放送開始を予定。例えば、チャンネルの一つである「TS ONE」では、AAC 320Kbpsという配信としては高音質なフォーマットを用い(将来的にはハイレゾでの放送も視野に入れているとか)、ニュース、音楽などの音声コンテンツを放送予定。現代の技術でラジオを生まれ変わらせたもの、とも言える内容です。「放送」であるため、受信にパケット使用料がかからないのも大きなメリットとなりそうです。

とにかく、始まってみないとどうなるか分からないサービスではありますが、現在もモニターの募集は続いているので、放送エリアに居住している方は応募してみてはいかがでしょうか。

 

www.i-dio.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク