千石電商のノーブランド品2pinケーブルがコスパ高くていい感じ

シェアする

f:id:okakennn:20160208003436j:plain

カスタムIEM用2pinケーブルは高い。

例えばeイヤホンのカスタムIEM用2pinケーブルを見てみると、最安のケーブルはカナルワークスのもので、7500円ほど。それなら自作!でもいいのですが、たくさんケーブルを作るならまだしも、道具や材料などを集めるので結局高価になりますし、市販品のようなケーブルをすぐ作れるようになるわけでもありません。

今回紹介する千石電商のケーブルは5000円台から。しかもなかなかハイクオリティ。

購入したのは、秋葉原の千石電商2号店2階で売られている、「ノーブランド品 MMCX-8」。型番こそMMCXですが、MMCXコネクタのものと2pinのものが存在します。

f:id:okakennn:20160208003043j:plain

カスタムIEM用2pinケーブル、という記載は一切無く、「Westone 4R/UM3X」用のケーブル。記載の通り、その他のイヤホンで使えるかもしれませんが、保証等なし。

高額なケーブルによくある「高純度銀」でまさかの5580円。

f:id:okakennn:20160208003503j:plain

コネクタは一般的な埋め込み対応の2pin。くみたてLab KL-サンカは埋め込みソケットなので嵌まらないコネクタもありますが…

f:id:okakennn:20160208003428j:plain

難なく嵌まりました。店頭にサンプルのケーブルが置かれているので、必ず嵌まるかチェックしましょう。実はこのケーブルに使われているコネクタ、千石でパーツとしても売られています。金色でいいアクセントに。

耳掛け部には針金は入っておらず、代わりにしっかりと曲げられています。メガネをしている時などは針金がない方が収まりがいいので個人的には◎。

f:id:okakennn:20160208003432j:plain

ケーブルはかなり細めのもの。おそらく4芯。適度に柔らかく扱いやすいケーブルです。コネクタは簡単に分解が可能。内部構造もシンプルな一般的なミニプラグなので、これを外して2.5mm4極などのプラグをハンダ付けしても良さそうです。

f:id:okakennn:20160208003435j:plain

銀線の音の変化は僕はあまり分かりません。ちょっと高域が出てる気もするけども。

千石電商のリケーブルシリーズはMMCX-1~8まであり、それぞれ使われている線材、プラグが異なります。全てに2pin、MMCX、10Pro系2pinの3種類が存在。値段は5000~14000円ほどと、比較的安めに纏まっています。

正確にはカスタムIEM2pin用ではないので、声を大にしておすすめできるものではありませんが、一つの選択肢として大いにアリだと思います。もちろん、Westone4R、UM3X以外での使用において、何があっても僕は責任は取りませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク