不意のデータ消失に先手を打とう、EaseUS Todo Backup Workstationレビュー

シェアする

今年は年明け早々Cドライブを吹っ飛ばしたりと、なにかとツイていない感がある僕ですが、EaseUS様から提供を受けまして、Windows向けファイルバックアップソフトウェア、「Todo Backup Workstation」を使用させて頂けることになりました。

重要だとは分かっていても面倒なバックアップ。MacならばTimeMachineで自動バックアップすることもできるものの、Windowsはそうはいかず。しかしいざトラブルを起こした際に後悔するんですよ。この際見直してみませんか。

jp.easeus.com

Todo Backup Workstation(以降TBW)は有料のソフトウェアですが、30日間の試用が可能。上記URLよりダウンロードが可能。

とりあえずインストールまで済ませてしまいました。

f:id:okakennn:20160309154426p:plain

起動するとシンプルなメニューが。

「ディスク/パーティションバックアップ」から見ていきましょう。

ディスク/パーティションバックアップ

名前の通り、PC内のディスク、パーティションを指定した場所にバックアップを取うことができます。バックアップの保存先は本体のHDDはもちろん、NASや光メディア、テープまでもOK。

バックアップデータの分割、圧縮率の指定や、パスワードの適用も可能。

f:id:okakennn:20160309155159p:plain

そして、欲しかった機能であるスケジュール設定!毎日、毎週、毎月の自動バックアップの指定や、PCの起動時、シャットダウン時、ログオン、ログオフ時、時間指定も可能。完全、増分、差分バックアップの選択も可能。これでWindowsもTimeMachine風に扱えますね。

f:id:okakennn:20160309155410p:plain

また、ディスクのバックアップから、指定したフォルダ、ファイルのみを復元することが可能。とりあえず定期的にDドライブのバックアップをNAS等にしておけばこの先データ消失で困ることは無さそうです。

ファイルバックアップ

ファイル、フォルダを指定してバックアップを取るモード。ディスクバックアップがあれば特にこれを使う必要はなさそうですが、重要なファイルを1時間毎にバックアップを取っておくなど、ピンポイントな利用で真価を発揮するでしょう。

f:id:okakennn:20160309160227p:plain

ファイルバックアップでは、直接クラウドサービスへのバックアップが可能。DropBox、GoogleDrive、OneDriveが使用できます。クラウドサービスの容量に余裕があるユーザーは使ってみる価値はありそうです。

f:id:okakennn:20160309160337p:plain

システムバックアップ

名前の通り、OSも存在する心臓部であるCドライブのバックアップを取るモード。ディスククローンの作成もできるので、Cドライブを交換する時にも役立ちそうです。

f:id:okakennn:20160309160734p:plain

TBWは、もちろん起動ディスクの作成にも対応していますが、個人的になかなか変態機能だと感じたのが、「専用システムをあらかじめインストールしておくと、そのシステムでブート、バックアップの適用が可能」という点。Cドライブが壊れて起動さえ不可能でも、OSの再インストールから始める必要がなく、バックアップのあるディスクから復旧が可能。

また、システムバックアップからのVMWare等での仮想マシンの起動が可能。過去のシステムを見ることができるワケですね。不具合が出たときの問題の切り分けなどに使えるかもしれません。

スマートバックアップ

f:id:okakennn:20160309163155p:plain

さてお次はスマート。なにがスマートなのか分からない名称ですが、これはフォルダを指定し、そのフォルダを30分おきに監視、フォルダの内容に変更があればそれを差分バックアップするモード。差分は6個まで保存され、一週間に1回フルバックアップが行われます。スマートだ、間違いない。

メールバックアップ

microsoft Outlookのメールをバックアップ可能。ThunderBird派なので恩恵はありませんでしたが…

基本的な機能は以上です。かゆいところに手が届く多機能さにも関わらず、シンプルなUIでとっつきやすいのは良いと思います。

さて、実際にシステムバックアップを行ってみます。

容量に余裕がある外付けHDDやNAS等がなかったため、今回はとりあえずDドライブとして使用している2TBのHDDに128GB SSDのCドライブのバックアップを行います。圧縮率などの設定は標準のまま。

では開始。容量はおよそ100GB。どれくらいの時間が掛かるのでしょうか。

f:id:okakennn:20160309164722p:plain

そして終了。およそ6分。想像以上に速いです。差分、増分バックアップではもっと速いでしょうから、これなら毎日自動バックアップでもいいですね。

f:id:okakennn:20160309165222p:plain

まとめ

有料のソフトウェアではありますが、使いやすいUI、多機能、そして速いバックアップと、バックアップソフトとしてはかなり優秀である印象を受けました。

突然の不調でデータが飛ぶ、クラッシュ、またはフォーマットせざるを得なくなる前に、定期的にバックアップを取っておきましょう。特にディスクがSSD1つのみのノートPCなどではバックアップのためにわざわざHDDを繋いで…というのは面倒。ならばTodo BackupでNASに無線経由でバックアップを取ればいいんですよ。

また、仮想OS機能など、ニッチな機能を省いて価格を抑えたHOME版も存在します。

jp.easeus.com

経験者は語ります、消えてからは遅いと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク