これは多分、セーフなんだろう KZ IE80レビュー

シェアする

f:id:okakennn:20160408205522j:plain

えーと、IE80のレビューです。そうです、みんな知ってるあのメーカーのイカしたアイツですよ。そうそう、KZです。みんな好きでしょ?KZ。

はい、今回はKZ IE80です。AliExpressで20ドルで購入。

スポンサーリンク

開封、外観

外箱。コンパクトな箱です。iPhone5cと並べてもこれですから小ささが分かるかと。以前はもう少し大きな箱だったようですね。

f:id:okakennn:20160408205505j:plain

裏面。スペック表記など。

f:id:okakennn:20160408205503j:plain

内容物はKZ IE80とイヤーピース、低域調整用のネジ回しのみ。なぜかMサイズのみ黒色でその他は赤。また、冒頭の写真のイヤーピースは付属品ではありません。

f:id:okakennn:20160408205501j:plain

名前の通り、どこからどうみてもゼンハイザーのIE80そのもの。低域調整ネジももちろん回せます。筐体そのものやケーブルなどもかなり再現性は高いです。と言うか、同じなのでは…

ロゴは全てKZになっているので、偽物とは言い切れないのが狡い。

f:id:okakennn:20160408205516j:plain

もちろんコネクタも本家と同じでリケーブルも可能。ケーブルはしなやかで細く、本家のものそっくり。分岐部のロゴはKZ。

f:id:okakennn:20160408205509j:plain

f:id:okakennn:20160408205519j:plain

やや派手ですが、左右が分かりにくいのでイヤーピースを赤青に変更。これもAliExpressで購入した、「コンプライのようなもの」です。f:id:okakennn:20160408205512j:plain

まとめると、ロゴが無ければ最早判別不可能な程似ています。

で、問題は音がそっくりかという所ですね。20ドルのKZ IE80は実売3万円台のIE80にどこまで食らいつけるか。

とりあえず20時間ほど鳴らした上で、プレイヤーはDP-X1。

まずは付属品のイヤーピース。薄っぺらで遮音性が低いイヤーピースですが、静かな室内などではなかなかのポテンシャルです。低域はそこまで多くなく、本家とは音作りが違います。高域が張り出したややキツめの音ですが、中域はマイルドなのでそこまで聴き疲れやすさは感じません。FOSTEX TE-05に似ているように感じます。問題は遮音性が低すぎ、屋外ではまともに使えないこと。

ということで、遮音に期待できるコンプライ(のようなもの)を装着。期待通り、遮音性はグッと向上。するものの、中域から高域の間あたりの表現が異様に雑になります。というか、まともに出せていない印象。女性ボーカルのハイトーンの伸びが全く感じられません。ダメですねこの組み合わせ。

とにかくイヤーピースで変わります。未だに決まりません。元のポテンシャルは光るものを持っているようには思えますが。

本家IE80と比べてですが、音は流石に惨敗かな。外見が似ているのでどうしても比べたくなりますが、さすがにレベルは違います。ただ、20ドルで買えるイヤホンとしては十二分ですし、そこは流石KZといったところですね。音の傾向が違うので、むしろこっちの方が好きな人もいるかもしれません。

20~30ドル程度の中華イヤホンとしては最近話題のAuglamour R8があります。KZ IE80はR8とはややキャラクターの異なる出音ですが、総合力では上回るように感じます。ただ、ボーカル域がイヤーピースでかなり変わるので、安定感のあるのはR8ですね。

一部で人気のKZ IE80ですが、ディスコンになったのか、AliExpressでも取り扱うセラーが減ってきています。今回は以下のセラーから購入しました。

www.aliexpress.com

ネタとしても面白いイヤホンですが、本家まんまの筐体、ケーブルなので値段不相応なクオリティの高さ、そして音もKZらしくなかなか良くまとめてきています。

笑おうと思って買ったら笑えなかった、果たしてそれが良いのかはさておき。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする