「Dynamic ER4」の実力や如何に。「MusicMaker TW1」レビュー

シェアする

f:id:okakennn:20160509231819j:plain

どうですか。カッコイイイヤホンじゃないですか?

中国MusicMakerのTW1のレビューです。見た目も良いのですが、何より売り文句の「Dynamic ER4」がとても気になるイヤホンです。僕も以前所有していた、シングルBAでありながら、イヤホンの一つの完成形ともいえるER-4に似たサウンドである…らしい。ダイナミックドライバで。そんなの気になるに決まってますよね。ません?ませんか。

スポンサーリンク

開封、外観

いつも通りまずは付属品から紹介。とは言っても、外箱などは無く、赤いケースに入っていました。

f:id:okakennn:20160509231826j:plain

f:id:okakennn:20160509231805j:plain

付属品はケース、イヤーピース、ケーブルクリップ。いずれも一般的なものではありますが、ケーズはやや大ぶりで収納には余裕があります。

さて、本体。とにかく小さいです。ER-4も小さいですが、デザインは全く異なりますね。

f:id:okakennn:20160509231802j:plain

対してステムはやや太めのもの。付属品以外のイヤーピースを使用する場合は注意が必要でしょう。ER-4と同様に3段フランジのイヤーピースを取り付けてみようかとも考えたのですが、サイズが合う物が手元になくあえなく断念。

f:id:okakennn:20160509231757j:plain

ケーブルは非常に柔らかくしなやかな、銀色に光るもの。手元のケーブルの中ではLZ A3の新ケーブルに色以外は似ています。4芯の撚り線に見えるので、バランス対応改造も容易かと。

f:id:okakennn:20160509233804j:plain

音質傾向

さて、自らDynamic ER4を名乗るだけあり、やたらと音への期待度は高まります。環境はいつものDP-X1に加え、CyberDrive AURA DAC。

中高域がこの価格帯のダイナミックとは思えない鮮明さであることにまず驚かされます。小型の筐体に小型のダイナミックドライバである影響か、低域は少ない、が、質はなかなか悪くない。と、確かに、「ER-4」っぽい!

とにもかくにも、中域から高域にかけての鮮明さ、解像度は優秀です。気になるのは、ハイハットなどの金属的な高音がかなり前に出てくるため、キツさを感じる点。聴感上のフラット感ではやはりER-4は優秀であったな、と感じます。

イヤホンそのものが小さいため、通常のイヤホンより耳奥にグッと押し込めるため、遮音性は意外なほど高いです。が、ただでさえ控えめな低域が屋外ではさらにおとなしくなってしまうため、腰高なサウンドに聞こえてしまうことが曲やジャンルによってはありました。

と、まぁ流石にER-4には敵わないものの、TW1は$26ですし、そもそも土俵が違いすぎます。ですが、ER-4が好きな人はTW1も好きになるハズです。オススメです!

購入はAliExpressのHCKより。これを書いている時点では$26です。さらなる値引きを求めて交渉してみるのも良いかもしれませんね。

MusicMaker TW1 – HCK

スポンサーリンク

シェアする

フォローする