今だからこその選択肢。COWON「PLENUE 1」ファーストインプレッション。

シェアする

f:id:okakennn:20160731134225j:plain

買っちゃった。

まもなく発売から2年が経過しようとしているCOWONの高級DAP、「PLENUE 1」がヨドバシカメラAkibaに55000円、更にポイント10%という週末特価(在庫処分とも言う)で販売されていたのでつい購入してしましました。戦略的衝動買いです。

定価は12万円台、現在の最安値でも8万円程度の値が付いており、特にコレといった弱点があるわけでもないPLENUE 1が謎の大特価。最上位機の座をPLENUE Sに譲ったとはいえ、元最上位機のその実力は健在です。

SEIUN JR-2を返品したので、代わりに小型のDAPを探しに行った先での出来事。だって期待してたAK70イマイチなんですもん、こっち買っちゃいますよね。

スポンサーリンク

開封、外観

f:id:okakennn:20160731133944j:plain

伝わりますよねこのハイエンド感。立派な箱です。

f:id:okakennn:20160731134004j:plain

出たー。開けるとクッションの中央に鎮座するPLENUE1と即ご対面。今回購入したのはブラック。

f:id:okakennn:20160731134035j:plain

本体の下の段には革製ケースとUSBケーブル。なかなか立派なケースが付属しています。ケースだけで数千円が当然のことが多い中、しっかりしたものが付属しているのは嬉しいですね。

f:id:okakennn:20160731134019j:plain

エッジの立ったフルメタルのデザインは惚れ惚れしますね。カッコイイです。サイズはDP-X1より一回り以上小さいですね。ハイエンドDAPの中ではコンパクトな部類に入ると思います。

f:id:okakennn:20160731134244j:plain

カッコイイ。

f:id:okakennn:20160731134151j:plain

付属ケースの裏側にはPLENUEの刻印。しっかりした作りです。

f:id:okakennn:20160731134209j:plain

底面には3.5mmジャック(光デジタルアウトと兼用)とカバー。カバーを開けるとmicroSDカードスロットとmicroUSBポート。内部ストレージが128GBと大容量なので、シングルスロットといえど合わせるとかなりの大容量に。

ラインアウトさえあれば満点だったか。

f:id:okakennn:20160731134304j:plain

サイドキーも完備。タッチパネルに頼らずとも操作は可能。画面を見ずに操作できるサイドキーがあるというのも、わざわざDAPをスマートフォンとは別に持つ理由になると考えているので、個人的にコレは必須です。

f:id:okakennn:20160731134050j:plain

起動すると言語設定が。

f:id:okakennn:20160731134325j:plain

選曲は直接フォルダをたどることも出来ますし、アーティスト、アルバム、ジャンルでの 選曲ももちろん対応。「New」タブに新しく転送した曲が纏められているのが非常にGood。

基本的には問題ないですが、一部の漢字では中華フォントが現れます。こればかりは仕方ないですね。

動作はかなり軽快です。タッチパネルの反応はとても機敏。かつて所持していたDP-X1も軽快な動作が魅力でしたが、スクロールのつもりがタップと判定されて曲が再生されたりと、ややストレスの溜まる部分もありました。PLENUE1はそれがないですね。

また、電源オンも数秒、データベースの作成も数秒の爆速。電源を切っていても聴きたい時にすぐ聴けなきゃダメですよね。AKシリーズはこの辺イマイチでした。

f:id:okakennn:20160731134102j:plain

プレイヤー画面は5種類のスキンが選択可能。また、画面下部にVUメータの表示が可能。有機ELディスプレイは解像度は低めなものの、発色はとても綺麗。

f:id:okakennn:20160731134405j:plain

プレイヤー画面の右上の歯車アイコンより、再生設定が開けます。個人的に欲しい機能はすべて揃っていました。ウォークマンなど一部のDAPなどにしかないABリピート機能も。使うかどうかは別として。

f:id:okakennn:20160731134344j:plain

そして、COWONのDAPを語る上で欠かせないのが「JetEffect」。非常に良く出来たイコライザです。イコライザは音割れや歪みなどが気になるので、基本的には使ってこなかったのですが、JetEffectは非常に優秀であると感じました。ナチュラルな立体感を付与してくれるBBE ViVAが特にお気に入りです。COWONのDAPを聴くなら、JetEffectを試さないのはもったいない。

音質傾向

f:id:okakennn:20160731134135j:plain

JetEffectで豹変するので、これほど評価が難しいDAPも無いかもしれません。

環境はKL-サンカ、またはTFZ series 5を直挿し。JetEffectはNormalまたはBBE ViVA。

まず、いつものホワイトノイズチェックですが、これは合格。全くありません。完全無音から音が立ち上がります。

Normalでは特に特徴のない地味な音。言い方を変えれば、素性のいい素直な音です。高域から低域まで、過不足なく鳴らしてくれます。解像度の高さ、高域の綺麗な伸びはDP-X1より上を行っている印象。が、正直、店頭などで試聴して魅力的に感じる音作りでは無いように思います。

そこでJetEffect。BBE ViVAに切り替えると前後の立体感が一気に増します。かつややドンシャリ傾向、リスニング向きの音に変わります。TFZ series 5の弾む低域はさらに魅力的に。

長々と書いても仕方ないのでこれで終わりにしますが、非常に満足しています。 これホントに55000円でいいんですか?

まとめ

完全に衝動買いでしたが、ホントに買って良かった。こんなの55000円で買えたら他のDAP買う理由がないじゃん!とも思います。

正直、2年前のDAPなので多少至らない部分もあるかと思いましたが、特にそのようなこともなく。DAPの老舗COWONらしく、使い勝手は非常にいいです。ラインアウトが無いことと、32bit音源に対応しないことは人によっては気になる点かもしれませんね。

音は良いものの操作性に難のあるDAPも多い中、サクサク機敏なUIは本当に素晴らしいです。また、最近もアップデートが配信されていたりと、まだまだ現役です。

ヨドバシカメラAkibaでの週末特価は最近不定期に行われているようなので、気になる方はチェックしてみてください。オススメです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする