Amazonで買えるアメリカ用プリペイドSIM、ZIP SIMを購入してみました

シェアする

f:id:okakennn:20160819003000j:plain

来週より2週間アメリカ、カリフォルニアに滞在する際に使用するSIMとして、国内Amazonでも購入できる「ZIP SIM」を購入してみました。
実際の使用感等は後日になりますが、SIMフリースマートフォンを普段から使用しているユーザにはよい選択肢となりそうです。

ZIP SIMとは

前述したようにプリペイドタイプのSIMカードであり、T-Mobileの回線を使用してデータ通信、SMS、通話が可能。
T-Mobileの展開するBand4 LTEを掴むことのできる端末であれば、LTEでの高速なデータ通信も可能な様です。現地の空港などで、SIMカードを購入することもできるようですが、3Gや2Gのみの物も多い模様。日本にいるうちに確実に入手できるLTE対応プリペイドSIMはZIP SIMくらいでは?

USA Prepaid SIM Cards for Short-Term Wireless Service – ZIP SIM

ZIP SIMには複数の種類があり、今回購入したのは「データ2GB+SMSのみ 通話なし 30日間」のSIMになります。14日間1GBの物もあるのですが、もしもを考え2GBを選択。もちろん通話ありプランもあります。

各種プランは以下より。

http://www.zipsim.us/shop.html

欠点としては、データを使い切った後の追加がやや高額であること(追加と言うより、同じプランの買い増しといった扱いになります)、T-Mobileの回線を用いるのでややエリアが狭く、田舎部では期待できないこと、Band4対応の端末を用意する必要があること。
今回は比較的都心部に滞在するのでおそらく大丈夫でしょう。端末はSIMロック解除したauのiPhone6sを使用します。
SIMフリー端末だからといってBand4に対応しているというわけでは無いことは知っておく必要があります。Band4は日本では使われていない帯域なので、国内で流通しているスマートフォンで対応しているものは案外少ないのが現状です。

安くて高性能なBand4対応スマートフォンは一部のZenFone2や、Le MAX 2などでしょうか。今回同行する友人はLe MAX 2を持って行くとのこと。

購入は公式サイトからも可能ですが、国際送料を考えるとAmazonマーケットプレイスから購入しても価格には大差ないので、Amazonをオススメします。様々なプランのものが存在するので、合った物を探してみてください。

内容物

f:id:okakennn:20160819003029j:plain

2GBプラン。公衆Wi-Fiの発達しているアメリカではモバイル回線に頼らなくてもある程度は大丈夫だとは聞きますが、念には念を入れて。

f:id:okakennn:20160819010406j:plain

日本語マニュアルが付属していました。日本語が怪しい部分もなく、良くできたマニュアルです。

f:id:okakennn:20160819003044j:plain

アクティベート方法、APN設定などについて記載があります。

f:id:okakennn:20160819003100j:plain

SIMはmicro、nanoサイズにも切り出せるようになっています。

f:id:okakennn:20160819003616p:plain

切れ目が入っているのが見えるでしょうか。iPhone6sの場合はnanoですね。

まとめ

実際の使用感に関しては現地に到着してからになりますが、国内Amazonで購入できる入手性や、日本語で分かりやすいアクティベート方法などはZIP SIMを選ぶ大きなメリットになるかと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク