低価格インナーイヤーの定番となるか?AUGLAMOUR RX-1レビュー

シェアする

f:id:okakennn:20160907122947j:plain

R8のヒットが記憶に新しいAUGLAMOURより、インナーイヤーイヤホンのRX-1が発売されたので購入してみました。AUGLAMOURらしく安価ながらもデザインに拘りつつ、確かな実力を持ったイヤホンです。

スポンサーリンク

開封、外観

f:id:okakennn:20160907122647j:plain
なかなか独特なパッケージ。四角いプラスチックのケースに入れられています。サイズもそこそこ大きめ。

f:id:okakennn:20160907122704j:plain
イヤホン本体以外の付属品はこんな感じ。イヤホンが嵌められている木の板、同社のR8にも付属していたロゴの金属アクセサリ(何に使うのかは不明)、シリコンバンドが特徴的。

f:id:okakennn:20160907122814j:plain

本体はブラック、シルバー、シャンパンゴールドの3色が存在。今回購入したのはブラック。実際の色味は、ブラックというよりはガンメタリックといったところでしょうか。無骨でカッコイイ。ビルドクオリティも申し分なし。

f:id:okakennn:20160907122736j:plain

この「イヤホンがはまってた木の板」ですが、

f:id:okakennn:20160907122759j:plain

裏に窪みが付いており、スマートフォンやタブレットのスタンドとして使えます。意外と便利…なのか?

f:id:okakennn:20160907122719j:plain

シリコンバンドは一般的なものよりやや長め。DAPとアンプを束ねるのにはいいですね。ロゴもしっかり入っている力の入れよう。

f:id:okakennn:20160907122919j:plain

ケーブルも個性がありますね。中華イヤホンにありがちな茶色のビニール感溢れるケーブルじゃなくて良かった。

f:id:okakennn:20160907122844j:plain

ケーブル分岐部にもロゴ。

f:id:okakennn:20160907122829j:plain

プラグ部にもロゴ。それぞれしっかり金属製で、本当に良くできています。
全体として、製品としての完成度はR8と同じくとても高い印象を受けます。

音質傾向、使用感

環境はいつものPLENUE 1。

音はなかなか良いじゃないか!といったところ。スゲー良い!とまでは行きませんが、インナーイヤーイヤホンの宝庫である中華の中でも、RX-1は実力派といえるでしょう。
バランスは高域よりのフラット。ややゆったりとした中高域の広がりは流石インナーイヤー。低域の量感には少し欠けるか。締まりそのものは良いので、以外とジャンルは選ばないように思えます。

装着感がやや悪いのがネック。最適なポジションを見つけるのに最初は手間取ります。気持ち少し浮かせたくらいがベストポジションでしょうか?

なんだかんだで流石AUGLAMOUR。R8同様に外見も音もしっかりまとめてきています。いいじゃんこれ。

まとめ

さて、肝心の価格ですが、AliExpressのHCKで値引き後は2000円を切ります。Amazonでも2500円で売られているので、サクッと入手したい方はこれでも良いかもしれません。手を出しやすい価格で、VE MONKなどの格安インナーイヤーイヤホンからの買い足しなどにもちょうど良いかもですね。

AUGLAMOUR R8と同様に、そのうち国内販売も決まる…かもしれない。

AUGLAMOUR RX-1 – HCK

スポンサーリンク

シェアする

フォローする