Spotifyが日本で正式サービス開始。早速使ってみました

シェアする

f:id:okakennn:20161001002616p:plain

我々は何年待ったんだ…?
数年前より日本でのサービス開始を明言していたSpotifyですが、この度ついにサービスイン。とはいえ、現在はまだまだ招待制。僕は運良く数年前に登録していたので、どうにか招待コードをゲットできました。
今ではApple MusicやGoogle Play Musicなど、強力なライバルが既に展開している日本で、基本無料という強みを活かし、Spotifyはライバルにどこまで食らいつけるか。

現在利用しているGoogle Play Musicからの乗り換えなるか?

Spotify

Spotifyの特徴

Spotifyの一番の特徴は、なんと言っても「基本無料」である点。これは他の有力サービスにはなかった大きな強みですね。

無料アカウントではもちろん制限もあります。iPhone、Android向けアプリでの再生は選曲が不可能、スキップは制限があります。プレイリストやアルバムを選び、シャッフル再生が基本。PCでは曲を選んでの再生が可能ですが、こちらは一ヶ月15時間まで。また、時々音声広告が入ります。こちらはラジオCMに雰囲気は似ており、そこまで耳障りではありません。

月額980円の有料プラン「Premium」では上記の制限が撤廃。320kbpsでの再生も選択できるため、音質面でも有利になります。

f:id:okakennn:20161001004305p:plain

Premiumは30日間お試し可能。

使用感は?

というわけで実際に使ってみましょ。

f:id:okakennn:20161001004139p:plain

招待コードがメールで届いたら、アカウントの作成が可能。
今回はPCで行いました。サクッとアカウントの作成を済ませ、クライアントソフトをインストール。

f:id:okakennn:20161001004425p:plain

さぁ、これがSpotifyだ!
UIは割とシンプル。まぁそこまで感動はないが…

f:id:okakennn:20161001004657p:plain

もちろん気になるのは配信曲。「J-トラック」をクリックすると、このように日本の曲を集めたプレイリストがズラリ。意外といろいろありますが、Apple MusicやGoogle Play Musicとあまり変わらない印象。逆に言えば、それが無料で聴けるのは凄い。

f:id:okakennn:20161001005328p:plainジャンルはこのように細かく分かれています。ゲームのサントラなどもあるのですが、そちらに関してはGoogle Play Musicより充実しているように見えます。あと初音ミクが妙に充実している気がする。

配信されている曲やアルバムは「MY MUSIC」に登録することで管理がしやすくなります。ブックマーク的な機能ですね。

f:id:okakennn:20161001005754p:plain

先ほど目に付いた初音ミクのライブ盤らしきもの(聴いてみると意外と知ってる曲ばかり)を試しにMY MUSICへ。「アルバム」「アーティスト」で管理も可能。まぁ特段珍しい機能でもなんでもないですが、使いやすいってことは重要です。

f:id:okakennn:20161001010228p:plain

また、配信曲のみならず、PCに保存されている曲も管理、再生が可能。iTunesなど普段使っているソフトのライブラリを読み込ませておくと便利。

f:id:okakennn:20161001011104p:plain

曲によっては歌詞が。

f:id:okakennn:20161001011149p:plain

前述したように、スマートフォンアプリではスキップの制限があり、5回ほどスキップしたところ、上のような表示が現れ、スキップが出来なくなりました。

f:id:okakennn:20161001010455p:plain

そして、この機能が面白い!現在ログインしているデバイスが一覧で表示されるのですが、ここから再生デバイスをサクッと変更できます。もちろん再生しながらでも。
つまり、PCのスピーカーで再生しつつ、選曲やボリュームの調整を手元の別のPC、iPhone、Androidで操作可能。その逆も可能。

f:id:okakennn:20161001010817p:plain

また、配信曲でない、PCローカルにある曲をスマートフォンで再生させることも可能。が、スマートフォンからPCローカル曲の選曲は不可能なので、特に実用性は無いかと。

また、無料プランでも音質は十分聴けるレベル。やや痩せた音はしますが、屋外で聴いたり、スピーカーで垂れ流しておくには十二分でしょう。

Google Play Musicから乗り換える魅力はあるか?

Google Play Musicから乗り換えるか?と言われれば、個人的にはNOです。基本無料という強みがSpotifyにはあるものの、有料プラン前提であればPlay Musicの方が多機能です。

ブラウザのみで再生ができない

インターネットブラウザさえあれば再生できるのがPlay Musicの強み。クライアントソフトのインストールが不可能な環境ではこの仕様がとても役立ちました。大学の共用PCでも音楽を聴きながら作業できるのはPlay Musicのお陰です。

手持ちの楽曲をクラウドへアップロードできない

Play Musicは手持ちの音楽ファイルを5万曲までクラウドへアップロードし、あたかも配信されている曲のように振る舞わせることが可能。いつでもどこでも自分の音楽すべて+配信曲へアクセス可能。これが本当に便利すぎるんです。

もちろんSpotifyも良くできたサービスではありますし、何度も言いますがコレが基本無料であることは凄まじいです。ですが、もし有料プランの利用を考えるのであれば、他のサービスに目を向けてみるのもオススメです。
とにかく試してみましょう!と言いたいところですが、現在は招待制となっているので、とりあえず招待コードをリクエストしておくといいでしょう。

www.spotify.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク