カナル?インナーイヤー?Xiaomi Piston Air Capsuleレビュー。

シェアする

f:id:okakennn:20161101001851j:plain

まーたなんだか面白いものが。
Xiaomiのイヤホン、Piston Air CapsuleをGearBest様よりレビュー用に頂いています。

本体とイヤーピースが一体化したような、まさに名前の通り「カプセル」な形状をした妙なイヤホンです。ホント面白いもの作るね中国メーカー。
Xiaomi、もとい1MOREのイヤホンは、以前レビューしたハイブリッド機が良い出来だったのでこちらにも期待です。

Piston Air Capsule – GearBest

スポンサーリンク

開封、外観

f:id:okakennn:20161101001922j:plain

いつものXiaomiイヤホンの小さい箱。頑丈とは言えないのであまり輸送向きではないものの、今回は潰れることなく到着。

f:id:okakennn:20161101001908j:plain

スペックはこんな感じ。特筆すべきことは特にないカンジですね。

f:id:okakennn:20161101001942j:plain

生産はやはり1MORE。

f:id:okakennn:20161101001959j:plain

開封。今回提供頂いたのは黒。このほかにゴールドもあります。
妙なフォルムが窺い知れる。

f:id:okakennn:20161101001802j:plain

まさにカプセル。
先端の黒く、カーブした部分がソフトにできており、イヤーピースの役目を果たします。ここは外すことはできず、当然交換用のイヤーピース(イヤーピースなのか?)も付属しません。
ちなみに、反対側の半透明の部分もソフトな素材でできています。

f:id:okakennn:20161101002015j:plain

装着イメージ。思ってたのと違う。
実際に装着してみると、想像以上に装着感は良いです。耳にスポッと収まりますが、イヤーピース(?)が浅く、装着感もカナルとインナーイヤーのまさに中間といったところ。

f:id:okakennn:20161101001812j:plain

プラグ部はいたって普通のもの。かなり細身なので、スマートフォンをケースに入れた状態などでの使用でも干渉しにくくなっています。スマートフォンメーカであるXiaomiらしい気遣いであるとも言えます。1MOREの気遣いかもしれないけど。

f:id:okakennn:20161101001825j:plain

リモコンは3ボタンタイプ。ケーブルは至って普通。ただの細い黒いケーブルですが、中華イヤホンにありがちなゴムっぽいカッコ悪いケーブルじゃないのは救い。

f:id:okakennn:20161101001839j:plain

ちょっとケーブルの付け根部分が不安。それにしても、まさにカプセルといった形ですね。誰が思いついたんですかね。

音質傾向

環境はPLENUE1に直挿し。とりあえず50時間ほどは慣らしておきました。

再生を開始した瞬間、異様に多い低域に思わず笑ってしまいました。こりゃダメか、と思いつつも、ややボリュームを上げると多少は落ち着いた模様。意外とパワーが必要なのかもしれません。音の傾向はインナーイヤーっぽい感じはありますね。とは言え低域は多く、締まりのないものなので正直ガッカリではありました。(KZ ZSTの意味不明な低域よりはだいぶマシ)が、快適な装着感と併せ、聴き疲れはかなりしにくいです。

とにかく装着感が良い。耳から出っ張らない構造なので横になっても使いやすいですし、角の取れた丸い音がします。これって寝ホンに最適なのではないでしょうか?僕は寝るときイヤホンしないのでそこらへんよくわかりませんが!安いしね!

さて、このXiaomi Piston Air Capsuleですが、GearBestにて$13程度で販売中です。見た目と装着法だけでも面白いので、試してみてはいかがでしょうか。

Piston Air Capsule – GearBest

スポンサーリンク

シェアする

フォローする