LAMY サファリ万年筆を買い増し。今回はスケルトンにしてみました

シェアする

安価な万年筆で有名なLAMY サファリシリーズはご存じでしょうか?
万年筆といえば、数万円するようなものが多いイメージもあり、実用筆記具というよりは、趣味で持つモノだと思われがちですが、中には安価なものも存在します。このLAMY サファリも、2000円台と安価ながらしっかり万年筆を楽しめる一本です。

2012年限定モデルのグリーンのサファリを愛用しているのですが(非常に滑らかにスピーディに書けるので、数式を書くのに最高)、あまりにも頻繁に使うためにインクが3~4日程度しか持たない始末。インク瓶を持ち歩くのもイヤだし、カートリッジタイプのインクはランニングコストが高い。でも出先でインクが無くなるとテンションが下がるんですよね。

ならば、もう一本持ち歩けばいいということに気付いたので、スケルトンのサファリを買い増してみました。安さは正義ですね。

スポンサーリンク

外観

Amazonで2100円。ホント安いです。
グリーンの時もこの外箱だった(ハズ)

開封して早速コンバータを取り付け。ちょっと照明を暗くして撮るとカッコイイ。コンバータのつまみの赤が良いアクセントになっています。

コンバータはこちら。コンバータを用いると、インク瓶からインクを補充できるので、各社から発売されている様々なインクを使用できます。カートリッジよりも安いのも魅力ですが、出先でインクが切れるとすぐに補充できない問題があります。(だから2本もてばOK)


このコンバータ、新モデルになったようで、以前購入したコンバータとは上部のパーツの色が黒からゴールドに変わっています。
今回使用したインクはパイロットのブルーブラック。安価でインクの出も良いので愛用しています。LAMYの純正インクも持っているのですが、パイロットの方が好み。

パイロット 万年筆用インキ INK30BB 30ml ブルーブラック
パイロットコーポレーション
売り上げランキング: 7,630

書き味についてはネットに記事が腐るほどあるので今更言及はしませんが、それなりに満足できるものです。高級万年筆の金ペンの柔らかな書き味とは違うものではありますが、スチールのやや固い書き味はむしろこちらの方が馴染みやすいという方もいるでしょう。

ただ、今まで使用していたグリーンに比べ、今回購入したスケルトンはやや書き味が固く、インクフローも渋い印象。このあたりはどうしても個体差が出てしまうのでしょうか。

スケルトンの万年筆は想像以上に格好良かったので、次はパイロットのカスタムヘリテイジ92が欲しい…コンバータよりもたくさんインクが入るのは魅力的です。

やや万年筆に手を出しにくいイメージを持たれている方も、サファリで万年筆を試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする