iMacが上海から自宅まで配送されるまで。予定(?)より早く届いた!

シェアする

先日ヨドバシで購入したところ不良品を引き当ててしまい、Appleで再度注文し直したiMac 5Kですが、上海からついに自宅に到着しました!

カスタマイズなしのいわゆる「吊るし」モデルをベースに、CPUやメモリ、ストレージ等のカスタマイズが可能なのがAppleから購入するメリットですが、カスタマイズモデルは海外からの発送となるため、到着まではしばらく掛かります。

iMac、発送から到着まで

スポンサーリンク

10/1、オンラインストアで注文

僕がiMacを注文したのは10/1日曜日。カスタマイズ内容はこの通り。

iMac 27インチの真ん中のモデルをベースに、ストレージを1TB Fusion Driveから256GB SSDに、キーボードをUS配列にしています。
この時点でのお届け予定日はおよそ1週間後。

10/5、発送の連絡

10/5に上海から発送の連絡を受けるも…

なんかお届け予定日伸びてない???

発送から到着まで1週間掛かるということですね。MacBook Airを以前に購入した時はもっと早く届いたような気がして、調べてみると、中国の大型連休「国慶節」の影響である可能性が出てきました。仕方ないとはいえまぁ辛い。

10/6、上海を飛び立つ

「国慶節の影響でしばらくお預けか…Appleも12日お届けって言ってるしなぁ」と思っていたらアッサリ上海から発送されました。えっ

10/7、羽田着

発送されてしまえば早い。翌日の昼過ぎには羽田に到着した模様。埼玉の我が家までもう少し。流石にここから5日は掛からないでしょ…、というか、この時点でお届け日時の変更、指定が可能になり、8日の午前中配送を指定。

10/8、自宅に到着

無事指定した通りに10/8の午前中に到着。最後までAppleのお届け予定日は12日のままでしたが、結局最初に提示されていたお届け予定日に届きました。

自宅が埼玉なので羽田から1日で届きましたが、地方ではもう少しかかるのでしょうか?

11:59は午前。うん間違いない。

というわけで紆余曲折あったものの無事iMacが到着しました。5Kはすごいですね。ディスプレイが大きくて解像度が高いと感動的なほどに便利です。レビューは後日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする