CLEARTEXはカメラ・オーディオ・PCなどガジェットのレビューをメインとしたブログメディアです。
【レビュー】1BA+1DDハイブリッドイヤホン「KBEAR LARK」

【レビュー】1BA+1DDハイブリッドイヤホン「KBEAR LARK」

2021年1月31日
オーディオ

レビュー用にKBEAR LARKをEasy Earphones(WTSUN Audio)様より提供頂いています。

KBEAR LARKの特徴

いわゆる中華イヤホンの中でも、KBEARは比較的新しいメーカーのようですね。以前筆者が中華イヤホンにハマっていた際にはまだなかったメーカー・ブランドであったと思います。
KBEAR LARKは実売3000円台で1BA(バランスドアーマチュア)+ 1DD(ダイナミックドライバ)の2ドライバハイブリッド構成。BAは安価なBellsing製ですが、配線直付けではなくネットワークが組まれており、一昔前の中華イヤホンにありがちだった「とりあえずBAいっぱい繋げとけ」といったスペックだけの構成とは一線を画すものです。

フォトレビュー


今回提供頂いたのはブラック。パープルのカラーバリエーションもあります。

付属品は説明書、イヤーピース、ケース。この価格でハードタイプのケースが付属するのは嬉しいですね。イヤーピースはイヤホン本体にも一つ装着されているため、4ペアが同梱されていることになります。

本体を見ていきます。シェル部分はプラスチック製。目を引くのは金属製のフェイスプレートでしょう。見た目の高級感アップに大きく貢献しています。作りに雑なところも特に見受けられず、見た目のクオリティは十分に高いです。

カスタムIEMを意識したであろう半透明のシェルデザインは中華イヤホンによくあるものですね。内部のドライバ、配線が見えます。

ステムは金属製。3000円台のイヤホンでも今時は金属ステムなんですね。すごい。フィルターはしっかりと固定されており、外れてしまうということもなさそう。昔の安かろう悪かろうなイヤーモニター風中華イヤホンからはかなり進歩していることが分かります。

コネクタは2Pinタイプ。干渉を防ぐためかコネクタ部がやや盛り上がっており、大抵の2Pinケーブルであればリケーブルに使えそうです。

付属ケーブルを装着。ケーブルのコネクタ部は内部に凹みがあり、イヤホン側コネクタの盛り上がりとうまく嵌合する仕様。昔のUEカスタム2Pinみたいで懐かしい気持ちになります。

付属ケーブルは柔らかいですが、曲がり癖はかなりついてしまうタイプ。

音質

オーディオインターフェース「KOMPLETE AUDIO 2」に接続して聴いてみました。
恐らくツイーターとして使われているであろうBAの存在により、高域にしっかりとした存在感があります。人によっては多少の刺さりを感じる可能性もありますが、個人的にはかなり好印象。
安価なハイブリットイヤホンで犠牲になりがちな中域の伸びですが、これも問題なし。男性、女性ボーカルともに綺麗に鳴る。が、やや無機質というか。
低域はボリュームとしては少ないですが、しっかり出ています。グッと低域が沈みますが、量感やパワーを求める人には不向き。

まとめ

総評としてはいわゆるドンシャリ傾向です。SONYのハイブリッドイヤホンが好きだった人はハマると思います。十二分にお値段以上と言える音質ですね。
特に得意ジャンルがあるという訳ではありませんが、低域のボリュームを抑えたややフラット気味ドンシャリということで、これといった苦手ジャンルもなく、そつなく仕上げていると思います。

Exit mobile version