WH-1000XM3がとても良かったのでWF-1000XM3を買った

オーディオ

SONYのノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」を毎日自宅で使っているのですが、これは本当に素晴らしいヘッドホンですね。自宅でノイズキャンセリング使うのってどうなの?とも思いましたが、エアコンの音、外を走る車の音など、案外自宅にいても騒音が多い事に気づかされます。先日試しにオフィスに持っていってみたのですが、これまた非常によい。周りの話し声が完全にシャットアウトされるので、集中力が上がったような気がします。

ただ、毎日家とオフィスの間を持ち運ぶのは面倒。そんな時イヤホンタイプの兄弟機である「WF-1000XM3」が発売されたので購入しました。すぐに買わずに様子見してたら品薄になって困った。

このブログ、かつてはイヤホンのレビューばかりだったのにめっきりイヤホンを買わなくなりました。完全ワイヤレスイヤホンが便利すぎるのが悪い。

スポンサーリンク

サイズ感とか

AirPodsのケースと並べてみると分かりますが、とにかくケースがデカい。AirPodsのケースはジーンズのポケットに入れておけますが、WF-1000XM3はちょっと無理。

充電端子がType-Cなのがグッド。ついに身の回りからmicroUSB機器を排除する事に成功しました。iPhoneもType-Cにしてくれ。ケースのバッテリー容量が確認できないデメリットがありましたが、先日のアップデートによりアプリから確認できるようになりました。

ケースを開いたところ。AirPodsとは異なり、カナル部分が下向きに収まるタイプです。

AirPodsと比べると本体もデカい。慣れないとやや着けにくさを感じました。イヤーピースは付属品のトリプルコンフォートイヤーピース。柔らかく着け心地は良いです。

使用感

良いところ

  • ノイズキャンセリングはWH-1000XM3と比べると当然弱いが、効果ははっきりと感じられる。電車の中、騒音の大きい道路のそばを歩いていてもラジオやポッドキャストなどの会話主体のコンテンツを難なく聴き取ることができる。
  • 音質は今ある完全ワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスであると思う。アプリからイコライザーを設定することも可能。外で聴くことを考慮してやや低音強めにしたらかなり好みの音になった。2万円台という価格も納得感がある。DSEE HXの効果はよく分からないので、バッテリーの持ちをさらに伸ばすためにオフでも良い気がする。
  • ノイズキャンセリングとDSEE HXをオンにして、バッテリーの持ちは体感で5時間程度か。朝に家から会社まで、その後昼休みまで聴き続け、昼飯中に充電、午後の仕事中着けっぱなし、帰宅の準備中に充電、帰宅中も聴く、という使い方だが、バッテリーが切れたことはない。これまで使っていたTE-d01aは帰宅途中に力尽きることがあったので嬉しい。
  • 左タッチセンサーを長押しすることで外音取り込みモードになり、外の音を聴くことができる。職場でイヤホンを付けたまま他人の話に聞き耳を立てることができ、ちょっと楽しい。
  • ケースから出してペアリングされるまでの時間はAirPodsと同等レベルの早さでストレスがない。TE-d01aは20%くらいの確率でペアリングに失敗していた。
  • AirPodsのように左右どちらかだけでも使える。AirPodsのように耳から外すと再生が止まる。この辺のことを2016年に完璧にやりきってたAppleはヤバい。AirPodsはオーパーツだと思う。

ちょっと気になるところ

  • タッチセンサーの反応が過敏すぎる。コンビニのレジでちょっと外して手に持っていたり、ポケットにそのまま入れていると意図せず押してしまうことが良くある。(タッチセンサーを触らないように気を使って持った結果落としたことも幾度か)デフォルト設定では左タッチセンサを押すことで「ノイズキャンセリング」「アンビエントサウンド」「オフ」のモードが切り替わるが、気付かないうちに切り替わっていることも。「なんかNC弱いな…」と思ったらモード違うじゃん!
  • ケースの傷が目立ちやすい。マットなブラックとブロンズのケースはかっこいいけれども。
  • ノイズキャンセリングの効きは良いが、そもそもイヤーピースが合っていないと全く意味がない。耳の調子(?)のせいか付属のトリプルコンフォートイヤーピースがぴったりフィットする時とそうでない時があり、フィットしている時は素晴らしいノイズキャンセリング性能を発揮してくれる。が、フィットがイマイチな時は、会話している声などは強力にノイズキャンセリングできるが、電車のアナウンスのような大きめの音はかなり入ってくる印象。コンプライなどを試してみるつもり。
  • ごくまれに右側の再生が止まる。一時停止すると復活する。
  • もっとかっこいい名前付けて欲しい。「WF-1000XM3」とかオタクしか覚えられないよ。「King GnuがCMやってるやつ」という名前を最近手に入れた模様。どうでもいいですがKing Gnuの白日で井口さんが装着しているイヤホンがKZ AS06らしいですね。ウケる。

ちょっと気になってたけど改善されたところ

  • ケースのバッテリー残量が分からなかったが、アプリから見られるようになった。でもいざ見られるようになっても全然見てない。人は欲張り。
  • ボリューム操作ができなかった。これもアップデートで可能になった。

まとめ

めちゃくちゃいいイヤホンです。

WHとWFで迷っているあなたへ

「ヘッドホン」が欲しい人→当然WH-1000XM3

「イヤホン」が欲しい人→当然WF-1000XM3(AirPods Proもいいと思う)

「ノイズキャンセリングするやつ」が欲しい人→まずはWH-1000XM3

ノイズキャンセリング性能はWHの圧勝です。WHを初めて装着した時の「!?!?」という感情はWFでは起こりませんでした。もちろんノイズキャンセリングのないイヤホンとは世界が違いますけどね。電車通勤、仕事の強い味方です。両方買うのがおすすめですが。

AirPods Proが出てしまったが

WF-1000XM3は発売からしばらく品薄が続き、完全に市場取ったな…と調子に乗っていたらAirPods Proが登場しましたね。自分もまだAirPods Proは試せていないのでなんとも言えないのですが、ノイズキャンセリング性能的には互角、音質はWF-1000XM3が優位という意見をよく見かけます。ジムで使っている初代AirPodsのバッテリーがヘタってきたのでAirPods Proも欲しいですね。正直なところ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました