CLEARTEXはカメラ・オーディオ・PCなどガジェットのレビューをメインとしたブログメディアです。
欧州版Galaxy Z Fold2 5Gのリージョンロックは日本では実質無効なのかもしれない

欧州版Galaxy Z Fold2 5Gのリージョンロックは日本では実質無効なのかもしれない

スマートフォン

ずっと欲しかったのですが20万円超えの価格で手を出せなかったフォルダブルスマートフォン「Galaxy Z Fold2 5G」が、ドイツAmazonにて送料込み14万円を切る価格で販売されていたので購入しました。リージョンロックで苦労するかと思いきやあっさり使えたという話です。

スポンサーリンク

リージョンロック

欧州向けに販売されているGalaxyスマートフォンには、初期状態では欧州キャリアのSIMカード以外での通信を拒否する「リージョンロック」が有効になっています。リージョンロックは対象地域のSIMカードを挿入し、5分間以上の通話を行うことで解除されます。
リージョンロックの解除のためにヨーロッパ旅行、というわけにもいかないので、イギリスのプリペイドSIMである「giffgaff」を用いて日本でローミング、5分の通話を行うことでアンロックする計画でした。
th_PXL_20210428_141839702
実際に、今回購入したGalaxy Z Fold2 5Gの外箱にも、「EUROPEAN SIM CARD ONLY」の記載があります。

国内4キャリアのSIMをアンロック無しで使用可能?

まず、au povoのSIMを挿入すると、APN設定が自動で読み込まれ、あっさりLTEを掴みました。通話もOK。
Screenshot_20210429-022252_Call settings
VoLTEが有効になっています。
Screenshot_20210429-022303_Settings
APNも既に用意されていました。
その他、手元にあるSIMで試したところ、docomo、Y!mobile、楽天(eSIM)のいずれの場合でも、SIMを挿入するだけで特に何ということもなく利用可能でした。
ただし、日本以外のSIMに対してはリージョンロックが掛けられている可能性も大いにあるので、欧州以外の海外で使用する際は注意が必要でしょう。

ドイツから3日で届く

ドイツのAmazon.deで日曜日の夜に購入。翌日にはスペインの倉庫から発送され、ドイツ、中国深圳を経由し、水曜の夕方に自宅に届きました。めちゃくちゃ速い。
配送方法は最速の「AmazonGlobal Priority Shipping」を選択したところ、UPS Express Saverで成田まで、成田からの国内配送はヤマト運輸となっていました。ヤマト運輸の追跡番号を取得するためにはUPSに問い合わせる必要があるのがちょっと面倒なところ。
Galaxy Z Fold2 5Gが発売当時の価格から半値近い13万円台で購入できるのは魅力的です。また使い始めたばかりですが、触っているだけでテンションの上がる最高のガジェットです。

Galaxy Z Fold2 5G – Amazon.de