KZ新ハイブリッドイヤホン「KZ ZSR」レビュー。

シェアする

KZの新ハイブリッドイヤホン、「KZ ZSR」をGearBest様より提供頂いています。

KZ ZSRは先日発売が開始されたイヤホンであり、構成は1D2BAとなっています。価格はGearBestで3000円程度ですが、時々セールの対象にもなっているようですね。

詳細は以下から。

KZ ZSR – GearBest

スポンサーリンク

外観

外箱はいつものKZ ZST等と同じものですね。

裏面のスペック表記等はこのようになっています。特筆するようなものはありませんが、強いて言えば40000Hzは攻めすぎな気も。

開封。このクリアな蓋(?)が微妙に取りにくいのもいつものKZ通りです。

今回提供頂いたのはブラックのモデル。現在、トランスペアレントなグリーンもバリエーションに含まれています。

正直、KZ ZS6やZSTなどよりデザインがチープな感は拭えません。ビルドクオリティ自体は合格点です。なぜかカリグラフィ書体で大きく「Right」「Left」と印字されており面白い。

ケーブルもいつものですね。あまり質が良くないのも相変わらずなので、別に安価なアップグレードケーブルを用意した方が良いと思います。

コネクタは一般的なカスタム2pinです。異様に差し込みがキツイのも相変わらず。

カスタムIEMのようにヘリクス部が出っ張ったデザインになっています。全体的に丸みを帯びたデザインも手伝って、装着感は所持しているKZイヤホンの中ではもっとも良く感じます。

ステム部にはいわゆる返しがなく、使用するイヤーピースによっては抜けやすくなる可能性もあるので注意。

KZ ZS6との比較。

上部。ZSRの方がステムが長いのが分かります。

正面から。イヤホンそのものの体積自体は両者とも大きく変わらないように見受けられますが、ZSRの方が断然耳への収まりが良いです。

音質、使用感

とりあえずリケーブル。話はそれからだ。付属ケーブルでは高域がおかしくなります。とりあえず余っていたカスタム用ケーブルを繋いでおきました。

実売3000円程度となるので、KZイヤホンの中では、ZS6よりは下、ZSTよりは上、ZS5と同程度の位置付けになるのでしょうか。構成自体もドライバだけみれば、2D2BAのZS5/6より少なくなっています。

簡単に言ってしまえば、ZSRは「ZSTを一回りグレードアップさせてフラット気味に叩き直したイヤホン」です。最近のKZハイブリッドシリーズは分かりやすいドンシャリ傾向が多かったのですが、ZS5/6の解像感も残しつつ、ZSRはマイルドで真面目な音作りに変わっています。高域にややキツさのあるZS5/6とは好みの差ですね。ZS5/6は間違いなく素晴らしいイヤホンですが、張り出す高低域でマスクすることでやや中域を誤魔化している感があります。中域がしっかりしているZSRではボーカルがグッと伸びます。反面、ZS5/6の方が楽しく聞こえるジャンルもあるため、これはもう両方買うしかないんじゃないでしょうかね。

KZイヤホンはZS5、ZS6、ES3、ED12を先日購入したのでこれらのレビューもおいおい書いていこうと思います。それにしてもKZハイブリッドはハズレがないですね。初期ZSTは酷かったですけどね。俺は忘れてないぞ。

KZ ZSR – GearBest

スポンサーリンク

シェアする

フォローする