上から差し込むだけの簡単充電!「Oittm AirPods充電スタンド」レビュー。

シェアする

AirPods専用 充電スタンドをOittm様よりレビュー用に提供頂いています。

皆さん、AirPods使ってますか?僕は購入してからは、屋外ではほぼAirPodsしか使わなくなってしまいました。遮音性に問題はあるものの、開放感はメリットにもなり得ますし、何より使っていて気持ちの良いAppleらしいデバイスです。

さて、AirPodsの数少ないデメリットとして、Bluetoothイヤホン全てに言える事ですが、充電が必要なことが上げられます。AirPods含め最近のイヤホンはケースにもバッテリーが内蔵されており、長時間の使用が可能になっており、毎日の充電は不要になりつつありますが、逆にそれが仇となり、「気がついたらバッテリー切れてた」という悲劇を産むことも。毎日帰宅したら充電する癖を付けられれば良いのですが、どうしても忘れてしまうもの。

今回レビューする充電スタンドは、AirPodsをただ上から差し込むだけでOK。目につく所に置いておけば、「あ、充電忘れてた」と思い出すきっかけにもなってくれるかもしれません。

詳細、購入は以下より。

スポンサーリンク

外観

シンプルかつ、AirPodsと親和性のあるホワイトカラーと半光沢感で、見た目の高級感はかなりあります。ロゴがない方がよりApple純正っぽさが出てよかったかもしれません。それにしてもOittmってなんて読むんだろうか。

フチ部分も斜めに面取りされているのがわかります。本体には適度な重みがあります。とにかく凄くしっかりした作りです。感心しました。

グレー部分はシリコンで出来ており、AirPodsケースに傷がつくことを防いでくれます。

内部にはLightning端子が見えます。AirPodsケースを上から差し込むだけで簡単に充電が可能。本体からは80cmのUSBケーブルが伸びています。本体にmicroUSB端子があって好きな長さのケーブルが選べる仕様だとさらによかった。

USBに接続して通電状態では前面のLEDがグリーンに光ります。

AirPodsの充電中は赤く変わります。充電が完了すると再びグリーンに戻ります。これがいかに素晴らしいかわかるでしょうか?AirPodsの充電インジケータランプは内部にあるため、充電が終了したかどうかはケースの蓋を開けるか、iPhoneなどから確認する必要があります。が、この充電スタンドなら一目で充電状態が分かります。これは意外と重要です。

また、AirPodsケースのサイズにぴったりな寸法のため、 AirPodsにケースをつけている場合などは差し込むことができません。開口部の遊びが大きくなると端子がズレて差し込みにくくなることは想像がつくので、これは仕方ないかと思います。

まとめ

充電スタンドはシンプルながら非常に便利でした。今まで適当にデスクの上にAirPodsを置いていたので、出かける前に探してなかなか見つからない、見つかってもバッテリー切れということが時々あったのですが、充電スタンドに差し込んでおけばデスクの上で行方不明になることも、いざという時にバッテリー切れということもなくなりました。

AirPodsを毎日通勤通学等で使い込んでいる方には間違いなくオススメできます。陰ながらAirPodsをさらに便利にしてくれる優秀な製品だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする