Shanlingより、コンパクトDAP、「Shanling M1」がクラウドファンディングとして登場。

シェアする

f:id:okakennn:20160815213201p:plain

あー、欲しい。
中国Shanlingが新型DAP、「M1」のクラウドファンディングを実施中。
詳細は以下より。(中国語ですが)

山灵M1便携播放器- 京东众筹

【9/23追記】発売日は9/29の模様。詳細は以下より。

HCKが小型DAP「Shanling M1」のプレセールを開始。正式発売日は9/29か

f:id:okakennn:20160815213352p:plain

M1のスペックは以下の通り。

サイズ 60*50*12.8mm
重量 60g
ディスプレイ 2.25インチTFT 360*400
Bluetooth 4.0 apt-X対応(レシーバーとしても使用可)
対応形式 APE,FLAC,ALAC,WMA,AAC,OGG,MP3,WAV,AIFF,DSF,DIFF(192kHz 24bitまで DSD64まで)
バッテリー 950mAh(9~10時間再生)
インターフェース 3.5mmイヤホンジャック、USB Type-C、microSD対応

コンパクトながらも、DSDの再生も可能なハイレゾDAP。
小さいディスプレイながらも解像度はなかなかに高そうです。

f:id:okakennn:20160815214003p:plain

iPod nano第6世代にも似たサイズ感、外観ではありますが、操作はタッチパネルではなく、右上のダイヤルで行う模様。
また、まさかのUSBデジタル入出力にも対応しているようです。

わずか560元、日本円にして9000円弱としっかり低価格なのも魅力。ですが、どうやら日本からは出資不可の様です。あまりにも欲しいのでShanlingに問い合わせた所、正式販売時には代理店を通して日本でも発売予定とのこと。正式発売予定は9月中旬とのことなので、入手できる日は案外近いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク