【今年も終わる】2016年レビューしてきた中華イヤホンから個人的ベスト3を選んでみました

シェアする

f:id:okakennn:20161223011752j:plain

もう12月も後半。
春に現れたLZ A3がきっかけでしょうか。2016年は本当に中華イヤホンが(一部界隈でとはいえ)一気にメジャーな存在となり、高価なものもたくさん登場するようになりました。皆様も物欲を抑えるのが大変な一年であったかと思います。(だよね?)

さて、2016年から(僕としては)精力的に更新してきた当ブログ「cleartex.net」ですが、気付けば中華イヤホンだけで25本もの記事を書いていました。個人輸入してみたり、有り難いことに提供頂いたりと、今年一年だけで本当にいろいろなイヤホンに触れる機会がありました。
そんな中から、「コレは凄い!」と思えた中華イヤホンからベスト3をピックアップ、再度簡単に紹介したいと思います。さぁ、なんでしょうかね?上の写真?気にするな。

スポンサーリンク

第3位 Xiaomi Mi In-Ear HeadPhones Pro HD

f:id:okakennn:20161223011826j:plain

Xiaomiが放つ新作ハイブリッドイヤホン、Mi In-Ear Headphones Pro HDレビュー。
通販サイトGearBestより、Xiaomiの新型ハイブリッドイヤホン「Mi In-Ear Headphones Pro HD」を提...

年の瀬に滑り込んできた大型新人です。安価なハイブリッドが多く見られたのも今年の中華イヤホンの特徴のように思えるのですが、イマイチバランスが取れていない音が多かった中、しっかり綺麗に纏めてきた優等生がMi In-Ear HeadPhones Pro HDでした。
見た目の良さはさすがXiaomiといったところ。

第2位 SENFER UEs

f:id:okakennn:20161223011842j:plain

のハイブリッドイヤホン、SENFER UEsがいい、とてもいい
凄いですこれ。かなり気に入りました。 バランスドアーマチュアとダイナミックの両ドライバを擁するハイブリッドイヤホン。現在国内販売が...

コレは本当に良い。低価格ハイブリッドイヤホンとしては、Mi In-Ear HeadPhones Pro HDとかなり良い勝負をしているのですが、UEsの方がより細かい音を拾う点、リケーブルが可能な点から僅差でUEsを2位としました。
良い意味でBAとダイナミックが調和していないのがポイント。中高域はBAの音、低域はダイナミックの音がします。やや疲れる音であるのが人によってはマイナスかもしれませんが。
初めての中華イヤホンとしてもオススメ。

第1位 TFZ series 5

f:id:okakennn:20161223011810j:plain

撥ねる低域。滑らかな高域。「TFZ series 5」レビュー。
1万円アンダーイヤホン界で最強だと僕の中で話題のTFZ series 5です。現在TFZのイヤホンの中では最上位であり、下位モデルと...

文句なしの1位はTFZ series 5。最強。過不足無く響く低域から、滑らかに中高域に繋がりスッキリと抜けてゆくこの感覚はダイナミックドライバの醍醐味。国内でもeイヤホンで試聴できるので、是非聴いてみて欲しいイヤホン。SpinFitを装着すると、さらに強くなります。
HCKでの強烈な値引きもあり、いわゆる「コスパ」を考えても最強クラスであると思います。TFZ series 7はまだですか?

2017年にも期待

あくまでも僕の所有機内での、僕の感覚でのランキングなのであしからず。
2017年の中華イヤホン事情がどうなるか皆目見当つきませんが、どんどん面白いものが出てくることを期待しています。そろそろ高級中華イヤホンにトライしてみたい気もしますね。早くTFZ series 7をリリースしてくださいよ。

そんなことより2017年にはSEIUN PROXが届くのかが気になりますね。頼むよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする