α7IIからα7RIIIに買い替えた

シェアする

5月にα7IIからα7RIIIに買い換えました。書いた記事を放置してるうちにα7RIVが出たけど気にしない事にします。

α7RIIIがめちゃくちゃ安くなっていたのでつい手を出してしまった。GW中にヨドバシアキバが何かを間違えたのでは?という価格.comも真っ青な価格+10%ポイント還元+SONYの三万円キャッシュバックキャンペーン、という悪魔のコンボを発動。無事やられました。

見た目がα7IIとほぼ同じなのでイマイチ新しいカメラを買った感がしないけども、ロゴに「R」って入ってるのは超カッコいいな。SEL24105Gと組み合わせると謎の最強感が出る。

スポンサーリンク

意外と細かいところが変わってる

上がα7II、下がα7RIII

並べて見比べてみても大きな差は特になく、すぐ慣れました。C3ボタンがAF-ONボタンになった、カスタムモード3が増えた代わりにパノラマ撮影が無くなったくらいでしょうか。上部のボタンを押し込まないとモードセレクトダイアルが回らなくなりました。これ必要か?

斜め前から。相変わらずシナバー色のマウントがカッコいい。

差は「4K」「T*」のプリントくらい?悪評高いMENUボタンの位置も、多少変わったとは言え相変わらず左上です。

右側面は大きく変わりました。握るとグリップ形状が大きく変わったことがわかります。ストラップ金具の位置が上部に移動し、握った際に右手に干渉しにくくなりました。これはα7IIで気になっていた部分なので嬉しい。これまた意味不明な位置にいたRECボタンも移動しました。

RECボタンは右手親指で押しやすい位置に移動。ジョイスティックが追加され、測距点の移動が格段にやりやすくなりました。全体的にボタンの押し心地は固めになった印象。

α7IIと比べて主にAFエリアが広く、早くとても使いやすい。トリミング耐性もバッチリ。α7RIIIとSEL24105Gがあればなんでも撮れる気がします。SEL35F18Fが欲しいけど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする