8000円台のトゥルーワイヤレスイヤホン、AVIOT TE-D01aがすごい

シェアする

久しぶりにイヤホン買いました!

AirPodsのせいで左右分離型Bluetoothイヤホンしか使えない身体にされてしまってから全くイヤホンを買わなくなってしまったのですが、ヨドバシでなんとなく試聴したイヤホンがかなり良かったので買ってしまいました。ヨドバシのポイントがそこそこあったのが敗因。

今回はその「AVIOT TE-D01a」のレビューです。

スポンサーリンク

そもそも左右分離型イヤホンってどうなの

スペック等細かいことは公式サイトを見てもらった方が確実で早いので、以下よりどうぞ。

AVIOT

さて、そもそも左右分離型イヤホン自体がどうなのかという所ですが、正直やっと実用レベルに来たかな?というレベルです。左右分離型イヤホンは、基本的に左右どちらが親機としてスマートフォン等と通信し、反対側の子機にBluetooth等で転送する、という方式を取っています。この左右間の通信の間には頭という非常に大きな障害物があるため、左右で音の途切れが発生しやすいという弱点があります。AirPods等の高価なものになると、この左右間の通信をBluetoothではなくNFMIという電磁誘導を利用した短距離通信規格で行っています。

AirPodsは非常に完成度が高く、音の途切れ等も全くと言っていいほど発生しない優秀なプロダクトではあるのですが、やはり遮音性が皆無ということで購入を控えている人は多いと思います。通勤時に電車の中でポッドキャストなどを聴くことはほとんど不可能というレベルです。音楽を聴き流す用途には最高です。案外音もいいですし。

SONYやBoseなどの大手が評価の高く、かつカナル型で遮音性が期待できる製品を出していますが、如何せん高い。だからと言って、ちょっとお試し程度にAmazon等で売っている3000円程度の見えている地雷を踏み抜くのも嫌。という方はこのAVIOT TE-D01aを買いましょう。1万円アンダーの左右分離型イヤホンの中では現状これが一番良いです。

余談ですが、ヨドバシカメラ秋葉原は左右分離型イヤホンに力を入れており、専用のブースまであるものの、他のBluetoothイヤホン売り場と近いせいか異常なまでに大量のBluetoothが飛び交っており、大抵の左右分離イヤホンの音が途切れます。売り場の位置変えてくれると皆幸せだと思う。

レビュー

とりあえずケースから見ていきます。正直かなりチープなケースですが、コストを削ってその分価格に反映してくれている感があるのでグッド。かなり軽いです。

充電端子はmicroUSB。ここはTypeCにして欲しかった。USB端子の上にはバッテリー残量を示すランプが4つ。

ケースのサイズは左右分離型イヤホンとしては標準的。服のポケットに楽に入るAirPodsのケースと比べるとかなり大きく感じます。

側面のボタンを押すとケースの蓋が開くのですが、実のところ蓋がかなり緩いので別に押さなくても簡単に開きます。カバンに無造作に入れておくと、勝手に蓋が開いてイヤホンがカバンの底に沈んでいることがしばしば。これはAVIOTさん改善してください。

イヤホンを取り外すと充電用の電極が見えます。イヤホンに特にストッパーなどはなく、ケースからの着脱は簡単に行えます。つまり蓋が開くと簡単に外れてカバンの中で電源オンです。頼むから改善してくれ。先に言っておくと、不満はここだけです。

イヤホン本体は軽く、装着感もかなり良いです。遮音性もバッチリ。さらにかなり音が良いです。AACとSBCのみの対応でAptXには対応しないので、手持ちのスマートフォンがAACに対応しているか要確認ですね。iPhone、Andoird8以降の大抵のスマートフォンならAACが使えるのでOKです。

iPhone XRと接続して使っていますが、ケースから外した際の自動接続もしっかり動作しますし、NFMIでないにも関わらず左右間の途切れもほとんどありません。Bluetooth5.0のおかげでしょうか?接続安定性はAirPodsに及ばないまでもかなり高い方だと思います。

ステムは標準的なものなので、コンプライ等を装着することも可能だと思います。白い装着ガイド的な部分は柔らかい素材でできており、取り外しも可能。

付属品。このポーチに入れておけばカバンの中で事件が起こらない気がしますが、いちいち出し入れしたくないのが本音。

まとめ

左右分離型トゥルーワイヤレスイヤホンを安く試してみたくなったら、とりあえずTE-D01aを買え、と言ってしまっていい完成度です。AirPods使わなくなりました。

ケースの件とは別にもう一点好みが分かれそうな点があります。電源のオンオフ時、接続確立時などに音声アナウンスが流れるのですが、これがかなり可愛らしい声になっています。女性声優が担当しているとか。無機質な音声や何言ってるかイマイチ分かりにくい英語や中国語よりはいいのですが、ケースにしまう際に「電源オフ!」と割りとでかい音で可愛く喋るので周りが静かだと普通にケースから漏れ聞こえます。イントネーションが妙にアニメ調なのも手伝ってなんか気恥ずかしい。でも、これが好きな声優の声だったらかなり嬉しい気もする。夏川椎菜さんだったら嬉しいですもん。謎のビジネスチャンスの予感。

ちなみに、さらに安価な兄弟モデルのTE-D01cも存在します。こちらは通販限定らしいですね。

また、上位モデルのTE-D01bが11月中旬に発売予定。イヤホン単体で9時間の再生、ケースを使うと計81時間の再生時間はかなり魅力的。また、SnapDragon845搭載スマートフォンとの接続時は、スマートフォンが直接左右のイヤホンと通信し、音の途切れに非常に強くなっているとのことです。これで15000円程度とのこと。AirPodsよりも安い!NFMIより凄そうで早く試してみたいのですが、残念ながらSnapDragon845端末を持っていないので悲しい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする