CLEARTEXはカメラ・オーディオ・PCなどガジェットのレビューをメインとしたブログメディアです。
不具合の出たGoPro Hero9を新品交換してもらった【サブスクリプション】

不具合の出たGoPro Hero9を新品交換してもらった【サブスクリプション】

外出できずなかなか出番のないGoPro Hero9。普段はWebカメラとして働いてもらっています。一般的なWebカメラより断然画質が良くいい感じです。が、先日なんとなく動画を撮ろうと電源を入れたところ、本体裏側のメインディスプレイに不具合が出ているのを発見。幸いにも無事新品交換してもらえたというお話です。

スポンサーリンク

ディスプレイがチラつく

発生した不具合は「ディスプレイのチラつき」。ディスプレイが高速で明滅する状態になってしまいました。最初は照明のフリッカーか?とも思ったのですが、撮影した動画をPCで見ても問題はありませんでした。恐らくディスプレイのバックライトがダメになってしまったのでしょう。

GoProサブスクリプションは「壊しても2回無償交換できる」制度ではない

GoPro Hero9を公式サイトで購入した際に、一年間のGoProサブスクリプションに加入していました。一年更新で6000円となります。GoPro公式でGoProカメラを買う際、GoProサブスク込みで購入した方がトータルで安くなる謎現象が起きがちなので、サブスクに加入している人は多いかも。GoProサブスクの大きな特典は以下。

  • 無制限クラウドストレージ
  • 公式アプリでの編集機能の拡充
  • GoPro公式ストアでの割引
  • 年二回までの理由を問わないカメラの交換

GoProサブスクに加入している場合、年二回まで故障したカメラの交換が可能。ただし、筆者もここを勘違いしていたのですが、交換は無料というわけではありません。

GoPro Hero9の場合は、一度の交換あたり、12300円の支払いが必要なようです。動作に問題はないけれども、ひどく汚れてしまった、キズだらけになってしまった、といった保証対象外のトラブルでも、一律料金で新品に交換してもらえる、というサービスです。Apple Care+のエクスプレス交換に近いサービス体系ですね。

つまり、サポートに問い合わせを行い、購入から一年間付帯している保証で無償交換できるかが問題になってきます。

GoProサポートに問い合わせる

国内代理店を通さず、GoPro公式から直接購入したものなので、問い合わせも公式へ。

jp.gopro.com

サポートはチャットまたは電話。チャットを選びましたが、常に混み合っておりなかなか繋がらず。様子見て何度もやり直してどうにか繋がりました。

完全に勘違いしている自分。前述した通り、GoProサブスクリプションを利用した交換は有償なので、サポートの方はまず製品保証を使って無償交換できるかを判断するため、初期化等の案内をしてくれます。

完全に勘違いしている自分

使用しているSDカードを確認されました。GoProってSDカードの相性厳しいって聞きますね。

その後、初期化の案内や、ファームウェアアップデートの案内など頂きましたが、症状は改善せず。

ということで製品保証を使っての無償交換が決定。カメラ症状が確認できる写真とシリアル番号の写真をアップロードするサイトの案内が来るので、写真を撮ってアップロードして完了。「画面のチラつきは写真じゃ分からないのでは?」的なことも質問してみましたが、特に問題ないとのこと。

配送先を連絡して完了。問い合わせした日の夜には案内のメールが届いていました。チャットに繋がるまでは大変でしたが、繋がってしまえば対応はスムーズ。

故障品の返送

この後の流れとしては、故障したGoProの返送、GoPro配送センターに到着を確認後、新品の発送となります。新品先出し交換ではありません。故障したGoProの返却ですが、シンガポールに発送するため、UPSの利用が指定されています。

メールで返送票が届くので、印刷し梱包、UPSで発送して完了です。返送するのはカメラ本体のみなので、バッテリーや外箱などは不要です。

GoProサポートから届くメールには「UPS Return Label(返送票)」「Commercial Invoice(インボイス)」「RMA Form」の3つのpdfが添付されており、全て印刷する必要があります。

メールには「「Commercial Invoice」はカメラと一緒に箱にお入れください。」「「UPS Return Label」は箱の外側に貼ってください。」と記載がありますが、間違いです箱に入れるのは「RMA Form」のみです。また、Commercial Invoice」は3枚、「UPS Return Label」は2枚必要です。

交換品の到着

故障品を返送してから3日後にシンガポールから交換品が発送され、その後3日で届きました。故障品の発送からおよそ一週間で交換品が到着したので、海外とのやりとりとしては非常に優秀だと思います。

交換品は無地の箱に入って届きました。

交換品は本体のみ。バッテリーやmicroSDカードは付属しないので、故障品を返送する際にしっかり抜いておきましょう。問題無く動作したのでこれで一件落着。

まとめ。GoProは公式から直接買っても安心の保証

GoPro公式から代理店を通さずに購入することで、国内ECサイトや家電量販店で購入するより安く購入できます。サポートが心配なところですが、実際のところは完全日本語対応となっており、特に手間が掛かったり、分かりにくかったりということも無く好印象でした。サポートのチャットに繋がりにくいことだけが惜しいですね。

そろそろ後継となるGoPro Hero10が発表されそうです。コロナ禍ということもあり、せっかく発売してすぐに購入したHero9がほとんど使えていない残念な状況なのですが、せっかく新品に交換頂いたことですし、改めてあれこれ撮ってみたいと思います。